薬剤師を目指す学校

立命館大学

Summary

大学と学部について 立命館大学は、1900年に創立された私立大学で、創始は西園寺 […]

大学と学部について

立命館大学は、1900年に創立された私立大学で、創始は西園寺公望によって1869年に創設された私塾立命館になります。
1940年に財団法人立命館は、西園寺公望を学祖と決め、現在も西園寺家と関係が続いており大学の行事には西園寺家の人々が出席しています。
立命館大学の薬学部は平成20年に設置です。

薬学部は現在、6年制の薬学科と4年制の創薬科学科の2つがあります。
薬剤師国家試験の受験資格を得ることができる学科は薬学科です。
立命館大学薬学部の薬学科は、年々高度な医療技術になりその扇動的な役割を果たす薬剤師を育成しています。
そのため薬学科ではチーム医療のできる人材、新薬の開発等については、薬学に関して高度な専門知識を持った人材が求められる時代です。

しかし、社会のニーズに関しては今後変化や進展は常にあることになります。
そのため薬学を学ぶ学生は、必要な知識を得るだけでなく、社会ニーズの変化にも敏感に対応できる柔軟性が必要です。
そこで、薬学部薬学科では、いろんなことに疑問を持つことができ、自ら進んでこの疑問を解明することに取り組む研究マインドを持っている薬剤師を養成するしています。

薬学科が行う人材育成目的では3つのポリシーを持っています。
1つ目は、入学者の受入方針として求める入学者数を決めています。
2つ目は、教育課程編成と実施方針となるカリキュラムのポリシーです。

3つ目は、学位授与となるディプロマのポリシーです。
この3つのポリシーに従って立命館大学薬学部薬学科は人材育成を行うことになります。

薬学部の学びについて

立命館台後薬学部の薬学科では、充実した学習プログラムによりカリキュラムが編成されています。
少人数体制できめ細かな指導を行うことで修得内容のよりいっそうの定着を図ることです。

薬学部の英語プログラムではスキルワークショップとプロジェクトの二本柱で構成されており、実践で使える高い英語運用能力を身に付けるプログラムです。
このプログラムのおかげで、3回生のときには薬医学の専門分野で英語で発信できる能力の基礎を身に付けることができます。
これらの学習プログラムを行うことで入学当初から高度な知識や研究に対する関心を高めることができます。

国家試験について

立命館大学薬学部薬学科では、複数の取得できる資格や関連する資格があります。
その中で薬学科を卒業することで取得できるのが薬剤師国家試験の受験資格です。
立命館大学薬学部薬学科の第100回薬剤師国家試験の受験者数は122人で合格者数が97人です。

薬剤師国家試験の合格率については79.51%となります。
立命館大学薬学部は設置してからまだ短い期間の間に高い合格率を輩出していることから、今後も高い合格率を期待することができる薬学部に該当します。