薬剤師を目指す学校

岡山大学

Summary

大学と学部について 岡山大学は、岡山県岡山市にある日本の国立大学です。 創立は1 […]

聴診器

大学と学部について

岡山大学は、岡山県岡山市にある日本の国立大学です。
創立は1870年で大学設置が1949年の大学です。
岡山大学は12学部で7研究科を有している日本の総合大学になり、中国地方および四国地方で最初に設置された大学になります。

岡山大学は、大学設置当初医学部があった大学で、昭和51年に医学部から薬学部が分離して薬学部を設置している大学です。
岡山大学の薬学部の教育理念や目標は、人類を含む生命の実態に基づいて、解析と創出そして活用を行う教育理念があります。
これら3つの教育理念を行うために、これらの活動を担う人材を育成しなければなりません。
それには関連している基礎や法要の科学、基礎や応用の技術を習得させる目標があります。

また、新しい知識を創成するための観察力、分析力、こ研究遂行能力、直感力、論理力そして発信力を研磨する目標です。
さらに社会的使命や倫理観を持っておりその成果を正しく活用することで国際社会の発展に寄与する人材の育成を目標としています。
これらの目標を遂行するために薬学部の所属学生では、教育基盤となる解析、創出や活用を行うための共通の教育基盤を与えています。

薬学科では特に人に対する必須の活用を担うために必要な専門的知識を身に付ける人材を育成している学科です。
薬学部薬学科では、人の治療を目的としている物質を活用しています。
薬剤師としの業務を遂行するために必要な専門的知識技能を教育している学科です。

岡山県薬学部の薬学科は薬剤師を目指す6年制コースです。
入学当初から教養教育科目だけでなく専門教育科目も同時に勉強始め3年次になると専門実習を開始します。
4年次には実務実習事前教育や共用試験を行います。

5年次および6年次では薬剤師国家試験に必要な実務実習が始まります。
大学院に進学する道もありますが薬剤師国家試験に合格して薬剤師として就職する人もいます。
大学院に進学する場合には博士の学位を取得するだけでなく研究者を目指す人が進学することが多いです。

国家試験について

岡山大学薬学部薬学科の6年制を卒業するときには薬剤師国家試験の受験資格を取得することができます。
岡山大学の薬学科の薬剤師国家試験の第100回の受験については、新卒の学生が39人受験し31名が合格しています。
合格率は79.49%と高い合格率です。

その他の受験者数は13人で合格者数が9名です。
この受験者は既に卒業している人や旧4年制卒業者及び受験資格認定者は受験した結果になります。
この受験者するの合格率については69.23%です。

総数では受験者数52名で合格者数は40人となっており合格率が76.92%です。
この合格率は平均5ヶ月も大変高い合格率となっております。
岡山大学薬学科ではこの試験回以前も、学生は受験しており大変高い合格率を有している薬学科です。