薬剤師を目指す学校

長崎大学

Summary

大学と学部について 長崎大学は1857年に創立された長崎市に本部がある日本の国立 […]

大学と学部について

長崎大学は1857年に創立された長崎市に本部がある日本の国立大学です。
大学設置が1949年と戦後に設置された大学で設置当初は5学部でしたが、現在は地方の国立大学としては学部数が多く特に理系の学部が多い特徴があります。

長崎大学の薬学部は、蘭学医のシーボルト氏の影響により大学設置当初からある学部になります。
現在薬学部は薬学科と薬科学科が設置されている学部です。

長崎大学薬学部の基本理念としては、人の健康を目指してを兵庫としており医薬品の創製から医療や健康そして環境に関しての基礎や応用の科学を教育し研究しています。
同時にくすりの専門家として社会的な使命を遂行できる人材の養成を行うことで社会に貢献する理念を掲げています。

学部の目的としては大学教育で基本的な教養と専門的な分野の基礎となる幅広い知識を習得させる目的があります。
そして薬学部に関する高度な専門知識を習得させて、薬の専門家として社会に貢献できるための人材を育成することが目的です。
薬学部薬学科は、薬剤師国家試験の受験資格を取得することができる学科になります。

この薬学科の目的は、医療において薬楽に関して高い専門的知識や技能そして態度習得させる目的です。
そして豊かな人格や高い倫理観を備えている薬医学の専門職者として社会で貢献できる人材を育成することが目的です。
長崎大学薬学部薬学科へのアクセスは、JR長崎駅からは路面電車を利用して長崎大学前または長崎バスを利用して長崎大学前のバス停を下車してすぐの距離になります。

JR浦上駅からは路面電車で長崎大学前下車または長崎バスを利用する場合には長崎大学前バス停下車をしてすぐの距離です。
キャンパスは文教地区キャンパスになり、薬学部本館や教育研修センターがあります。

長崎大学薬学部薬学科の1学年の募集定員は40名となっており少数精鋭と言える小規模な募集人員です。
そのため薬学部薬学科の偏差値は高い偏差値になっています。
長崎大学が求める薬学部の学生では、広い基礎学力以外にも数学、理科そして英語力に優れている人材を求めています。
そのためこの3科目の学力が高くなければ入学するのが難しい学部です。

薬学部薬学科のカリキュラムの特色としては、6カ月の長期実務実習を行う以外に高次臨床実務実習を行うため内科病棟実習を2週間そして五島列島の離島実習を1週間そして大学病院での専門診療科実習を1週間カリキュラムに組み込んでいます。

国家試験について

長崎大学薬学部薬学科を卒業すると薬剤師国家試験の受験資格を得ることができます。
こちらの学科でも薬剤師国家試験に学生が受験しており第100回の試験では、受験者数が50人で合格したが39人です。

合格率が75%となっており薬剤師国家試験の平均合格率よりも高い合格率を出す大学となります。
また、新卒者だけの合格率を見てみると77.78%と高い合格率です。