薬剤師を目指す学校

近畿大学

Summary

大学について 近畿大学は、1943年に設置された私立大学になります。 西日本では […]

大学について

近畿大学は、1943年に設置された私立大学になります。
西日本では、私立大学において最も多くの学生が勉強している大学になります。
近畿大学は、当初日本大学専門学校からスタートした大学で1949年に新学制の施行に伴って近畿大学が設立された大学です。

1954年に近畿大学では薬学部を設置し、現在薬学部は医療薬学科と創薬科学科があります。
東大阪キャンパスにある近畿大学の薬学部は、近鉄長瀬駅から徒歩10分の距離にあります。
3つの校舎から成り立っており、医療薬学科の6年制と創薬科学科の4年制は勉強する校舎です。

近畿大学の薬学部の医療薬学科は6年制となっており、将来は薬剤師として活躍したい人が勉強する場所になります。
薬学を総合的に学ぶことになりますが、人間教育にも力を入れているので、高い倫理観を持つことができる薬のエキスパートの育成を行う学科です。
近畿大学の医療薬学科では、チーム医療の一員として薬剤師が活躍できるように、患者さんに直接服薬指導を行うだけでなく、栄養管理や感染制御などの必要な能力を身につける養成を行う学科です。

そのため近畿大学の医療薬学科では付属病院や堺病院そして奈良病院と連携をしています。
この連携のおかげで長期間の実務実習等を通じることができ、臨床現場で発生することが考えられるいろんな問題に的確に対処するだけでなく解決する能力を身に付けることができる学科です。

医療薬学科の特色

近畿大学薬学部の医療薬学科の特色としては、医療薬学を中心に教育専門部門を設置しています。
この部門の設置のおかげで臨床の場所に直接携わる薬剤師の育成や必要な専門科目だけでなく基礎科目を対応することができる学科です。

医学部の3つの病院と連携した実務実習部門があります。
薬剤師として働くには実務実習この経験を研鑽する必要があります。
そのため近畿大学の薬学部医療薬学科では実務実習を実際の現場となる病院で勉強することができる学科です。
この実務実習を行うことで実践力を磨くことができます。

この医療薬学科を卒業することで、薬剤師国家試験の受験資格以外に所定の単位取得で取得できる資格として中学校と高等学校の教諭1種の理科の資格が取得できる学科です。

国家試験について

近畿大学の薬学部医療薬学科では、卒業するときに薬剤師国家試験の受験資格を取得することができます。
第100回薬剤師国家試験では近畿大学の薬学部医療薬学科では、189名は受験をして157名が合格しており合格率は83.07%です。
全体の合格率よりも高い合格水準を維持している大学になります。

こちらの大学では、早くから国家試験対策を行うことで基礎的な知識と臨床の経験を結びつけることができる総合的な実力のある学生を養っています。
また、きめ細かい指導とサポート体制を行うことで、 個々の学生の学習進捗状況を把握し必要な学習方法を助言を行うとともに模擬試験を行い合格まできめ細かくサポートしていく学科です。