1. >
  2. >
  3. 慶応義塾大学

慶応義塾大学

勉強道具

国家資格の取得について

慶應義塾大学の薬学部薬学科を卒業することで薬剤師国家試験の受験資格を取得することができます。
慶應義塾大学の薬学部薬学科の第100回薬剤師国家試験では182人は受験をしており142人は合格しています。
こちらの大学の合格率は78.02%となっており平均合格率より高い合格率です。

慶應義塾大学の薬学部薬学科は、全国の私立大学の薬学部中では、薬剤師国家試験に合格しやすい大学として高い合格率を有している大学になります。
また、私立大学の中で薬剤師国家試験に合格しやすい大学と大学入試の偏差値の関係では慶應義塾大学は、1番高い評価を得ている大学です。
慶應義塾大学の薬学部薬学科は入学するのには大変難しい大学になりますが、難関な試験に合格した学生ならば薬剤師国家試験に合格しやすい結果となります。

大学と学部について

慶應義塾大学は、創立は1858年で現在の1万円札の肖像はとなっている福沢諭吉が開校した蘭学塾を起源とする大学です。
大学設置が1920年で当初蘭学塾では、西欧の勉強を行う塾でしたが同時に外国の医学を学ぶ事も行っていた塾です。
日本でも大変古い大学の1つですが当初から近代的なシステムを導入している大学となります。

現在では当たり前のように行われているカリキュラムを制定して学校の授業に導入したのも慶應義塾大学です。
また、日本の学校の中で最初に定額の授業料を納入することを決めたのも慶應義塾大学で福沢諭吉の発案です。
慶應義塾大学は、現在大学は10学部と、大学院は14研究科があります。

この大学の学部の中に薬学部があります。
医学部があった慶應義塾大学ですが薬学部は2008年にそれまで薬科大学として長く教育研究を行っており優れた成果を上げていた共立薬科大学と合併して今日の薬学部になります。

薬学部の理念としては、慶應義塾大学の精神に則り、薬学の理論とその応用を行い研究教授して、医療や創薬に関わる人たちの分野で必要となる学識と能力を培う目的があります。

薬剤師国家試験の受験資格を得ることができる薬学科では、科学の基盤を持つことで、医療人としての自覚を持ち、高い臨床能力が発揮できる人に優しい薬剤師を育成することを目的としている学科です。
慶應義塾大学の薬学部薬学科のキャンパスは、1年生は日吉キャンパス、2年生以降は芝共立キャンパスと浦和共立キャンパスを利用することになります。

日吉キャンパスのアクセスは、東急東横線の日吉駅から徒歩1分と駅の目の前にあり便利です。
芝共立キャンパスのアクセスはJR山手線浜松町駅から徒歩10分、都営地下鉄三田線の御成門駅から徒歩2分そして都営地下鉄浅草線または大江戸線の大門駅から徒歩6分の距離にあります。
浦和共立キャンパスには大宮駅から循環バスを利用し野田宝永バス停で下車してすぐの距離です。
薬学部の学生は僅か1年でキャンパスが変わってしまうため、1年間の短期契約ができる学生マンションに入居しキャンパスが変わるごとに引っ越しても良いでしょう。
慶應義塾大学に通う学生のためのマンション│学生マンションドットコム
学校から近い住まいは勉強が忙しい薬学部の学生にとって嬉しく、管理人付き、食事付きの物件もあるため色々な面で学生を支えてくれるでしょう。
また同じような境遇の学生に出会うことができるかもしれません。