1. >
  2. >
  3. 薬学専門学校の声

薬学専門学校の声

薬剤師になりたいという方は大学や専門学校に行くことが必要となります。
薬剤師の資格は医療系の学校で知識を蓄え、受験資格を獲得して資格取得をする必要があります。

つまり薬剤師になりたいという方は大学や専門学校は確実に卒業しなくてはならないということです。
とはいってもそこまで殺伐とした雰囲気が学校に通っている人は少ないです。
毎日楽しみながら薬の世界に没頭する学生も多く、それぞれが自分なりの見聞を広げながら、薬のスペシャリストとして学んでいます。

薬剤師のやりがい

また、薬剤師というのはやりがいも大きく、人から直接感謝される仕事となります。
専門学校のうちにその経験を積んでおけば、より人を助けることができる仕事として活躍することが出来るのです。

専門学校から薬局に勤めた人の話があるのですが、その人は薬剤師を目指して専門学校に入学し、その後ドラッグストアに勤めています。
ドラッグストアには日々たくさんの方がやってきて、薬を求めています。

実際に働いているとお客様から「ありがとう」という声や「あなたがいるから、この店に来たよ」という言葉を聞くことが出来ます。
それは薬剤師にとって一番うれしい瞬間なのです。実際、多くの学生は人に感謝される仕事がしたいと思っていますし、薬剤師を目指して専門学校に通ってい人は、心優しい方たちばかりです。

薬剤師としての仕事

現代は、人との会話が苦手な人が多くなっています。
しかし、実際には薬剤師になると毎日会話が必要になってきます。

また、お年寄りの方も多く、薬についての質問が来たり、こういった症状にはどういったものがあるのかという質問が来たりします。
その時に自分が対応できた喜びは何事にも代えられないものがあるとドラッグストアで働く方は言います。

また、毎日の会話の中でお客様がなにを求めているのかを判断して、感謝されたときの喜びは何者にも代えがたいものがあるということです。

専門学校に通っている人は、たしかに薬に対する知識を点けたり、資格を取ることに追われる日々になるかもしれませんが、それでもこの仕事は人を救うことができる素晴らしい仕事なのです。
また、自分の能力として身に着けることが出来るので、スキルとしては申し分ないです。

毎日のように薬を求めてくる人がいるので、その人に合った薬を提供できる薬のスペシャリストとして活躍してくれる人材が今でも求められています。

これか薬剤師になりたいという方は、大学や専門学校の資料を集めてみて、どのような学校なのかやどのような学生がいるのか、どのような学習ができるのかについてしっかり把握して、オープンキャンパスなどにも積極的に参加してみると良いと思います。