ステップアップ

今後の薬剤師のありかた セルフメディケーション その二

Summary

セルフメディケーション セルフメディケーションを推進するにあたっては、 たくさん […]

セルフメディケーション

セルフメディケーションを推進するにあたっては、
たくさんの医療分野の人と関わって情報を交換するということも大切になってきます。
セルフメディケーションという言葉のとおり、結局のところ本人ががんばるほかないので、
相談するところというのも行っても何の意味のないと感じるところであれば、
サポートしてもらえることもできず、
だんだんとセルフメディケーションから遠ざかってしまうものなのです。

ですから、あそこにはいい薬局がある、
というのはイコールいい薬剤師がいるということを意味しているのです。
相談してもらえ、頼りにされる薬剤師になるためにも、様々な分野について
幅広く知識をつけるとともに、その知識取得には限界がありますから、
食事面、運動面、地域面などと他方にアドバイザーを持つということが
今後はますます薬剤師として必要になってくるでしょう。

また、病院にいる医師や看護師、介護福祉施設の介護員などとの連携も
必要になることも多くなってくることと思います。
そうしたときに、人間力というか人とコミュニケーションをとる能力というのは
とても重要になってきます。
一緒に仕事をしていて気持ちのいい人というのは、どこへいっても歓迎されるのです。
薬剤師としての知識や技術を磨くのと同じく人間力も磨く努力をして、
色々なところにパイプを広げ、薬剤師としての知識や技術を磨くのと同じく
人間力も磨く努力をして、色々なところにパイプを広げ。

また、このセルフメディケーションについて言えば、薬局にいくことが困難である地方の方たちや、
高齢者の方を対象にしてIT化が進んでいるという一面もみのがせません。
在宅医療や訪問介護が進みつつある現在、
薬剤師もその流れには注目しておきたいところです。

インターネットを活用

特に、インターネットを活用した相談というのはこれからますます増えることと思います。
インターネットのいいところは、どこでもできるということ、
だれでもできるということ、いつでもできるというところでしょう。
忙しいビジネスマンやOLさんは、平日はなかなか薬局や病院の営業時間にまにあうことは
難しく、休日は自分の時間を謳歌したいので、
セルフメディケーションなんてやってられないというのが現実としてあるような気もします。

もちろん、さきほどもお話したように地方に住んでいる方や高齢の方は
外にでていくのが難しいという方もいることでしょう。
ですから、インターネットなどのIT通信を含め、
様々な情報提供を柔軟な形で提供していくということがとても大切になってくることかと思います。

最近では、携帯電話にかわりスマートフォンの世の中となっていて
どんどん普及しはじめています。
2016年にはこのスマートフォンが市場の8割をしめるとさえ言われているのです。
このスマートフォンの特徴はアプリケーションをダウンロードすることにより
エンターテイメントからビジネスツールに至るまで様々なサービスの
提供をうけることができるのですが、そこには医療に関するものも少なくありません。
今後の医療提供の有り方の一つとして十分活躍が期待されるところだと思います。
こうした社会の流れにも柔軟に対応できる薬剤師の方というのは
とても重宝される存在になるでしょう。