ステップアップ

インターンシップの行程と感想

Summary

薬学生は多くの場合大学や専門学校で常に知識を点けたり実習したりしていると思います […]

薬学生は多くの場合大学や専門学校で常に知識を点けたり実習したりしていると思います。
知識や経験というのが非常に大切になってくるこの薬学生は知識をより深くしたり、毎日学習や実習を繰り返し、より職場に近い環境で学習していると思います。

インターンシップの有用性

しかし、実際に働くのまったく違っていたりします。
今は不況ということもあり、職場を選んでいることが出来なくなっている学生が多いですが、実際に働き始めてからのミスマッチを防ぐことも重要なことです。

そこで薬学生にオススメしているのがインターンシップです。
大学などではなじみがあるこのインターンシップは薬学生などは実習もあるため必要ないと言われることがあるのですが、実際に現場を経験してみるというのは大きな成長にも繋がりますし、これから働く職場を知る上でも有効です。

現在多くの学生がインターンシップに参加しており、自分の将来について深く考えるということをしています。
特に薬学生は薬局で働いたり、薬のメーカーで働いたり、病院で働いたりと幅広い選択肢があります。

その中でミスマッチになってしまうと転職も今は難しい世の中ですから苦労することが多くなります。
それを防ぐためにも、しっかりインターンシップで経験していくことが必要なのです。

インターンシップでの経験

では実際にインターンシップではどのようなことをするのでしょうか。
薬学生の場合は、実際に働いてみてその職場を体験するというのが主なテーマになっています。

まずは職場によってメーカーでの薬剤師としての働き方や薬局での働き方、病院での働き方を知ることが出来ますし、その職場によって違いがあるということを知ることが出来ます。
この職場を知るということだけでも非常に有益で、働き始めてから「なんか違うな」という感情を抱きにくくすることもできるのが最大のメリットでもあります。

実際の仕事であれば、それぞれ覚えていけば問題ないのですが、職場に関してはどうしても自分のイメージと異なる部分が大きくなってくるので、興味があるという方はインターンシップに積極的に参加して、自分が働くというイメージを作り上げていくことが必要です。

逆に言うとインターンシップで先に現場を経験しておけば、他の薬学生から特出できますし、その経験が何よりも大きな糧となります。
インターンシップでは主に大学や専門学校に募集が来ていることが多いので興味があるという方は参加してみましょう。

また、インターンシップはそれぞれの年次によって使っていくことが出来るので、早めの段階で行っておけばその分知識や経験として蓄えていくことが出来るので、本気で薬剤師を目指しているのであれば、卒業までに複数回インターンシップに参加することが出来ます。
うまく利用して賢く現場に慣れていきましょう。