向いている人

薬剤師になるのに求められるもの

Summary

求められるもの 薬剤師という職業は社会的な地位が高く、 社会貢献にもなるやり甲斐 […]

求められるもの

薬剤師という職業は社会的な地位が高く、
社会貢献にもなるやり甲斐のある仕事です。

高度な知識を有した医療人として信頼が厚い職業でもあり、
給料水準が高い仕事でもあるので
とても人気のある職業ですね。
大学薬学部や薬科大学の入試をみてみても、
毎年高倍率で狭き門と
なっていることからもその人気が伺えます。
毎年多くの若者が薬剤師を
目指して勉強などに励んでおります。

しかもこうした高い意識を持った方は
全国に多くいるのです。
将来の職業の選択肢として薬剤師を選んだ場合に、
親や周囲の方からとても喜ばれたり
勧められることはあっても、
その逆になることはまずないでしょう。

それだけ信頼されている職業で
あることを意識しておいて下さい。
ただしいくら薬剤師の地位が高いからと言って、
どなたでもなれるわけではありません。

薬剤師国家試験

もちろん大学入試や薬剤師国家試験は
学力があれば合格出来ますが、
やはり医療人になるためには学力が
高いだけではなることは出来ません。

薬剤師という名前の通りに薬を取り扱う仕事です。
大げさなことを言えば人の生死にも関わる仕事に
携わっているわけですので、緻密さと正確さが
備わっていてこうしたことを実践出来る方が向いています。

とにかく妥協は一切せずに最後まで責任感を持って、
職務を全う出来る方にお勧めの職業です。
病名がたくさんあるのと同様に、
各病気を治すための薬も
たくさんあり多岐にわたっています。

中には薬の名称が類似していても
効能が全く違う物もありますので、
こうした薬を的確に処方出来る方が向いています。
間違った処方は副作用を引き起こしたり、
場合によっては死に至らしめることもあるからです。

すでに市販されている
薬を取りそろえること自体は心配ないですが、
特に緻密さと正確さが問われるのは
実際に調剤を行うときです。

要は薬の調合ですので各薬を決められた
分量調合しなければなりません。
微量の調合違いが患者さんの健康に
大きな影響を及ぼすことを、
十分知っておかなければなりません。

言うまでもなく薬剤師になるために
学ぶ大学薬学部や薬科大学は理系です。
ですから、理系的な素質やセンスが
問われることは言うまでもありません。

なかでも有機化学は薬の性質などを知る上で重要ですので、
こうした学問に対する興味関心も必須です。
また患者さんとのコミュニケーション能力も重要になってきます。

薬の開発などを行う方は研究室などに籠もっていれば、
それだけでも良いかもしれませんが、
薬剤師として働く際には
日々患者さんと接するので、
こうしたことを苦にすることなく出来ることも重要です。

中には色々な相談をする方もいるので、
嫌がらずに懇切丁寧にケアなどをすることも大事です。
特に日本はこれからますます高齢化社会になっていくので、
薬剤師の方にとっても日々の仕事の中で、
高齢者と接触する機会が増えてきます。

なかなか理解出来ないような方に
対しても粘り強く説明などを出来るような、
人間味溢れた薬剤師がますます必要とされています。

ですから、コミュニケーション能力の高さも重要なのです。