向いている人

薬剤師の求人傾向

Summary

薬剤師の求人は増加の傾向が続いています 求められる人材の年齢は25歳から35歳程 […]

薬剤師の求人は増加の傾向が続いています

求められる人材の年齢は25歳から35歳程度が中心となっていますが、50代から60代の人でも歓迎するという求人も多くなってきています。
薬剤師の人気の職場となっているのは都心にある薬局です。
都心の薬局では年収があまり高くない状況でも多くの人材が集まりやすい傾向にあります。
これらの中でもさらに人気が集中しているのが都心の有名な路線から徒歩10分以内にある良い立地条件をそなえている薬局です。
その一方で、地方の薬局では都心部にある所よりもよりも年収が高めとなっている求人を出しています。
地方の薬局では未経験の薬剤師でも年収400万以上が保証されていることも珍しくはありません。
管理薬剤師に900万の年収を提示している所もあります。
このような高待遇の求人が地方の薬局に多い理由には、慢性的に薬剤師が不足していることが挙げられます。
企業の薬剤師の求人は、MRや治験関係の業界の求人が多いのです。
このような業界では、きちんとスキルアップをしていれば転職エージェントなどで求人を紹介してもらえるチャンスがあります。
企業の求人は、医薬品卸や治験関係、MRの求人が多いです。
また企業の管理薬剤師は、英語力が必要とされています。

薬剤の開発

薬剤の開発や研究の分野に入るには、企業秘密を扱うことが多いため、入るためのスキルチェックがより厳しくなっています。
病院の薬剤師の求人は、調剤と治療の分業が進んでいるため、外来での調剤の業務よりも病棟で働く仕事が多くなりつつあるのです。
そのため、スキルのチェックはとても厳しく、競争が激しいのが現状です。
病院の薬剤師として働くためにはより一層のスキルアップと、スキルの強力なアピールが必要となります。
薬剤師に向いている人は几帳面で丁寧に仕事をする人です。
薬剤師には処方箋に指示された薬を順番通りにきちんと処方する必要があり、また、1000以上もある薬局内の薬の名前と場所をすべて覚えなければなりません。
また、処方する薬には使用できる有効期限がありますので、それが切れないように定期的に管理しなければなりません。
こういった側面からも、この仕事には几帳面な性格の人が向いているといえます。
また、薬剤師はコミュニケーション能力と、どのような人ともうまくつきあえる社交性も求められています。
薬を処方する患者さんにはさまざまな性格の人がいるため、そういった人たちに対応するための能力も薬剤師には必要です。