取り扱う薬について

処方薬と種類

Summary

処方薬とは市販薬のように一般の薬局やドラッグストアで購入できる薬ではなく、医師の […]

処方薬とは市販薬のように一般の薬局やドラッグストアで購入できる薬ではなく、医師の判断のもと処方される薬のことです。
風邪で病院にいったことがある方であればわかると思いますが、医師はその人の状況や症状によって判断をして、どの薬がマッチするのかを判断してくれます。

それによってより効果の大きな薬を提供してくれるので、処方薬は市販薬よりも効果があるものとされています。
もともと処方薬というのは効果も高いため、医師の許可がなくてはもらうことが出来ません。
それが逆に安全面や効果を保障しており、医師の診察によって与えられるものなので、より効果も抜群です。

病気の判断

病気というのはその人によって様々な症状が現れます。
例えば風邪一つとっても、咳が重点的に悪化している症状なのか、熱が高い風邪なのか、頭痛から来ている風邪なのかによって使う薬も変わってきます。

それを自分で判断するのは難しいため、医師に相談するのがよいのです。
医師は問診や診察によって症状を判断してくれるので、その人に一番合った薬を提供してくれるのです。
医師は患者の症状を判断して、処方箋を記入し、それにしたがって薬剤師が薬を提供してくれるのです。

この流れになっているので、病院を利用すると二人のスペシャリストによる対応が可能ということです。
身体のことは自分でもわからないことがあるので、不調を感じている人は医療機関を利用してみましょう。

処方箋の種類

処方箋の種類には具体的にどういったものがあるのかというと、今まで説明してきたもののほとんどが入ります。
例えば風邪などの簡単な病気などは内服薬、身体の外傷や炎症などは外用薬、即効性を必要とする場合は注射薬などがあります。

ほかにも特殊用途薬や漢方薬などの予防の面での薬の提供なども行っています。
処方薬とは具体的な境界線があるのではなく、医師の判断で利用すべきものを提供するのが処方薬ということです。

つまり、内服薬だろうと外用薬だろうと医師が必要と判断した場合に提供されるものであって、基本的には全て処方薬と呼ばれるものとなります。
それぞれの効果や内容についてはほかのページで説明しているので省きますが、医師を利用するメリットは大きいです。

市販薬でもカバーできる部分がある病気が多いですが、中には人によって症状が違うので市販薬ではイマイチ合わないということがあるのです。
その場合合わない薬を利用していても効果は薄いです。

しかし、医療機関でしっかり医師に相談して処方薬を提供してもらうと、自分の性別や体格、症状、内容によって薬をくれるので、その分効果も大きいのです。
体調不調だと感じたときなどは市販薬でも良いですが、早く治したい場合は病院に行くのが一番賢い病気の治し方だと考えられます。