取り扱う薬について

市販薬と種類

Summary

薬としては市販薬が日常生活を送る人にとって一番身近なのではないかなと思います。 […]

薬としては市販薬が日常生活を送る人にとって一番身近なのではないかなと思います。
市販薬はその名の通り、市販されている薬のことであって、現代の薬剤師などが開発したものがそれらに当たります。

市販薬の概要

手術などの大きな処置が必要ない方はこの市販薬でカバーすることが出来、病気とはいっても簡単な風邪などの病気に対してはこの市販薬を利用する方も多いと思います。
現代の市販薬はその効果もさらに上がっていて、副作用がなく、それでいて効果も大きいというものも開発されています。

副作用とはいっても「眠くなる」ということなどが一般的であって、そこまで重い物は市販薬にはないので安心して大丈夫です。
市販薬の概要としては先ほども言ったように個人が購入して使用することが出来るものであり、難しい処置などが必要ないです。

しかし、非常に種類が多い為、説明するのは困難です。
一番メジャーなものを紹介すると頭痛薬や腹痛薬、風邪薬などがそれらに当たります。
一般的に薬剤師がいる薬局で購入することが出来る薬のことを指し、市販薬はOTC医薬品と呼ばれることもあります。

OTCとはカウンターに薬剤師がいれば購入可能な薬のことであり、一般の方が薬屋やドラッグストアと呼んでいるものにそれらがあたります。
現在は薬剤師の方も様々なアドバイスをくれるので、それらを利用してさらに効果的なものを探していくことが出来ます。

市販薬の種類

具体的な一般の市販薬には先ほども言ったように頭痛薬や風邪薬、胃腸薬や痛み止め、咳止め、解熱剤、などがあります。
医療機関による薬に比べると効果は少し抑えられいますが、それゆえに普通のカウンター越しに購入する薬となっています。

最近は不眠症になっている人なども多く、そういった方のために開発された睡眠導入剤なども簡単に購入することができるようになっています。
ただ、この市販薬には少し注意点もあって、全て自己管理なのでそれぞれの用法用量を守っていくことが必要になります。

市販薬の注意点

主に取り扱い説明書や薬の内容について記載されている面に一回の服用で決まった量が書かれていると思うのですが、「効果が薄いから多めに飲んでしまおう」ということをしてしまうのは良くないです。
これらの薬は薬剤師がその効果を何度も検証しながら作った者なので、自己判断で使用する用法や用量を変えてしまうと身体に悪影響を及ぼすこともあるのです。

使用する際にはしっかりそれらの守らなければならないものを守り、健康的な生活を送ることが必要です。
主に身体の軽症や軽い不調などに用いられる市販薬ですが、効果もしっかりあるのでまずは薬剤師にどのような症状があって、どの薬がよいのかを聞くとそれぞれに合った薬を提供してくれるので、自分に合った市販薬を探すのにも便利です。