1. >
  2. >
  3. 薬の副作用について

薬の副作用について

薬には少なくとも副作用がある場合があります。
本人は気づかない程度のものであっても副作用が発生していることもありますし、実際に眠くなったり体調が悪くなることもあるので、それぞれの薬の副作用については知っておくことが必要です。

副作用の影響

具体的な副作用については後に述べるとして、まずは副作用がどのようなものかを説明していくことが必要です。
先ほども言った方に副作用というのは薬を使用することによって人体になんらかの影響が出てくることを言います。

小さい症状から大きな症状まであるので、市販の薬の場合は薬剤師に相談し、医師から提供される薬の場合は、診察の時に事前に確認しておくことが必要です。
万が一副作用が出たとして、それが副作用と分かれば対処の方法もありますし、逆にわからないとなるとそれが副作用なのかさえもわからないので、事前に確認しておくことが何よりも必要です。

しかし、副作用という言葉自体は悪い意味を指すこととは一概には言えません。
薬には主作用という本来の効果とそれ以外の効果である副作用というものがあるのです。
用法用量を守っていれば副作用がでないものが多いですが、注意点などに目を通さなかったり、用法用量を守らなかったりするとその分副作用として出てくることもあるので注意が必要です。

実際の副作用の症状

実際に副作用が出るとどうなるのかというと、軽い症状のものだと頭痛や体調不良、眠気、喉の渇きなどがあります。
軽度の症状とはいっても人によっては何もできなくなるほどの体調不良や睡魔に襲われるということなどもあるので、注意が必要です。

薬によってはアレルギー体質のかたにとって良くないものもあるので、それらを回避するために副作用が怖いという方は医師に処方してもらうのが一番安全です。
医師の場合はその人に合った薬を判断してくれるので、それを用法用量を守っていけば副作用が出ることもほとんどないです。

ただし、高齢者の方などは免疫力も低下しているということや、体力がないということもあり副作用も出やすい傾向にあるので注意しましょう。
ではどうやって副作用を防げばいいのかというと一番は自分に合った薬を見つけるということと用法用量を守ることです。

それらはどちらも医師や薬剤師に相談することでより副作用の少ないものなどを提供してくれるので、医療機関を利用するのがおすすめです。
市販の薬の場合は、医療機関で提供される薬より効果も低いということもあり副作用の可能性も低いですが、より大きな効果を求めて飲みすぎた利してしまうと副作用が出てくる可能性も高まります。

適度に使用するということに気を付け、自分にあった薬さえ見つけることが出来れば副作用の可能性も少なくなるので、まずは自分に合った薬をみつけましょう。