生活と収入

薬剤師の給与について

Summary

薬剤師は国家資格 薬剤師は国家資格で最近では資格取得までには、 薬科大学や大学薬 […]

薬剤師は国家資格

薬剤師は国家資格で最近では資格取得までには、
薬科大学や大学薬学部で6年間学ばなければならないので、
高度な学識と経験を持つ事が義務づけられています。

したがって薬剤師は職業として地位が高く、
その事に伴って他の業種に比べて年収も高い事が知られていますね。

薬剤師に対する求人は多く、
慢性的な薬剤師不足が続いている事も高収入に拍車をかけているのです。

やはり人材確保のためには給与水準を引き上げる必要があるので、
自ずと給与は高くなって行くのです。

しかも薬剤師の給与は地域間格差が少ない事も、特筆すべき点と言えるでしょう。

人口の多い都市部

もちろん人口の多い都市部では給与は高いのですが、
都市部以外の地域ではなかなか薬剤師が確保出来ないので、
給与を高く維持してでも人材を確保したいのです。

薬剤師の求人情報はインターネット、求人誌やハローワークなどを活用して
見つけ出す事が出来ますが、いずれも人材不足を反映して多くの求人を目にする事が出来ます。

ですので、薬剤師の資格さえ持っていれば、日本全国どこでも就職や転職が出来るでしょう。

給与を見てみるとハローワークに登録されている、
他業種と比べて圧倒的な高さを目にする事が出来ます。

やはり人材不足と高い専門性そして有資格性が、
他業種を遥かにしのぐ給与水準にしているのです。

ですので、これから薬剤師求人を探す新卒者も、
転職を考えている方もきっと希望通りの、職場を見つける事が出来るでしょう。

一般的な大卒者の初任給は年収で、350~400万円程度になっていますが、
平均年収は500~600万円ですので、かなり高水準の職種と言えます。

さらに勤務先によっては、ワンランク以上の給与を手に入れる事も出来て、
薬剤師の給与は業種によって大きく給与が変わります。

大手の製薬会社に勤める事が出来れば、年収800円以上の方も数多くいるのです。

もちろんこうした業種に就職出来る方は限りがあります。

しかしながらハローワークなどにも常時掲載されている、
求人数の多い街中のドラッグストアでも、
店長クラスともなると年収700万円以上もらっているのが一般です。

管理職ではなくても調剤薬局や病院薬剤部などに勤務すれば、
600万円以上は手に入れる事が出来ますので、かなり優遇されている事がお分かりでしょう。

薬剤師が良いのは不況の最中でも多くの求職があるために、
売り手市場である事が高給を手に出来る様になっている事です。

各自のライフスタイルや希望で、様々な職種から仕事を選ぶ事も可能ですので嬉しいですよね。