1. >
  2. >
  3. 薬剤師の生活と収入について

薬剤師の生活と収入について

薬剤師になったとき

いざ薬剤師になったときに、どんな生活になって収入になるのか気になりますよね。

薬剤師は給料がよくパートタイマーで働くときにも、ドラッグストアの求人でも時給が2000円以上だったりと高いイメージがあるでしょう。
実際にはどういった感じなのか説明させていただきます。

まずは収入からなのですが、一口に薬剤師と言ってもその薬剤師の勤務先によっても変わってくるのです。
ドラッグストアで働く場合もあるのですが、薬局や病院の中での仕事もあります。
少しずつ毎月の給料も違ってくるので年収なども変わってくるのです。

意外と収入が少ないのは病院の中でも薬剤師です。
逆に収入が多いのは製薬会社でしょう。
こちらは初任給は月額22万円程度なので、そこまで収入が多いわけではないのですが、他の業種よりも生涯賃金が高くなります。
なので、一家の大黒柱となりやすい男性は、薬剤師の資格を持っていると製薬会社で働く方が多いようです。

逆に女性などは製薬会社に限らず病院勤務の方が多いのが特徴です。
もし、病院で働くことになったときの初任給はつき20万円から25万円、調剤薬局では初任給は22万円から30万円、ドラッグストアでは25万円から30万円となっています。

初任給から高い

初任給から高いところで働きたいと考えている方は、ドラッグストアでの勤務もお勧めです。
だいたいの生活の流れとしては、病院やドラッグストアが開いている時間帯に勤務をするようになります。

なので、病院であれば8時30分から17時までの勤務や、その他の一般企業の製薬会社などであれば9時から18時までなどです。
だいたいが朝から夕方の勤務にはなるのですが、時には残業があることもあるでしょう。

しかし、病院勤務の場合には大きい病院では夜間も行っているので、夜勤がある職場もあります。
週に1回などは夕方から病院に行き、朝日勤の人達が来るまで働くこととなります。

救急病院などでは夜間であろうと絶えず患者が搬送されてくるので、そういったときにすぐに薬を処方しなければならない場合もあるのです。
そのために夜間勤務があります。

病院の中でも夜間勤務があるところは少し給料も高くなるので、可能な方はいいでしょう。
ボーナスもある勤務地がほとんどなので、生活は安定しています。
そして、日勤ばかりの職場ではほとんど同じ時間帯での勤務なので、生活リズムをつけやすいでしょう。

これから薬剤師を目指している方も、給料の面や生活はどのようになるかなども見比べて、職場を選んでみてください。