生活と収入

薬剤師の平均収入

Summary

薬剤師の平均収入 薬剤師の平均収入はどのくらいかというと、2012年度のデータで […]

薬剤師の平均収入

薬剤師の平均収入はどのくらいかというと、2012年度のデータでは平均年収は529万円となっています。
内訳としては、平均月収は37万円で、そのほかボーナス等が83万円です。
平均年齢は37.4歳、平均勤続年数は6.7年となっており、同じ年代、経験の一般事務職などと比べると、国家資格を持つ専門職として高い年収が期待できます。
なお、男女別の年収をみると、男性は平均年収が570万円、女性の平均年収は509万円となっています。
薬剤師の男女別割合としては、女性が67.1%、男性が32.9%と男性の倍以上の女性が活躍していますが、平均年収としてはやや女性が低めです。
これは女性が結婚や出産で退職したり、一時お休みすることもあり、年齢が若い薬剤師や経験の差が影響しているかもしれません。
ちなみに月当たりの平均総労働時間は177時間で、これをもとにした月平均時給は2,154円となります。
最近はパートやアルバイト、派遣社員として、時給単位で働く薬剤師も増加していますが、地域による差や勤務先による差はあるものの、およそ1,600円から2,500円程度となっており、平均時給とほぼ重なっていますね。
また、薬剤師の平均収入は勤務先によっても違いがでます。

新卒薬剤師の就職先

新卒薬剤師の就職先として一番人気の病院の場合、経験に応じて400万円から650万円程度が相場です。
もっとも、これも国立や市立、私立といった病院の形態や運営母体、規模によっても違ってきます。
次に就職先として人気が高い調剤薬局の場合は、経験に応じて400万円から650万円が相場ですが、中には800万円クラスをもらっている人もいます。
一般的な職業でも収入には地域差がありますが、薬剤師の場合は人材が確保しやすい都心部で低く、人材不足の地方で高い傾向があるのも、特徴的といえるかもしれません。
成長を続けているドラッグストアの場合、正社員で400万円からが相場で、店長クラスになれば700万円以上というのが一般的です。
薬剤師としてだけでなく、生活用品や化粧品等の販売も担い、土日も休めないなど勤務条件もハードである分、高めの傾向にあります。
一方で、収入は店舗の業績にも左右されます。
製薬会社の場合、営業職でいうと、成果に応じ400万円から800万円以上で、営業成績が良ければ年齢を問わず、高収入が期待できるでしょう。
これに対し、研究職の場合はさらに高収入が望めることもありますが、学歴や高いスキルが求められるほか、採用人数も少なく狭き門となっています。