ジェネリック医薬品の問題点

純度不足による供給停止

Summary

ジェネリック医薬品は販売中のものでも供給停止をしてしまうことも多いでしょう 非常 […]

医薬品

ジェネリック医薬品は販売中のものでも供給停止をしてしまうことも多いでしょう

非常に便利に使うことが出来るジェネリック医薬品ですが、残念ながらその分、デメリットがあると言うことも理解をした上で、利用することが大切です。

例えば、薬の純度不足によって、供給そのものが停止してしまうことが多いと言うことが、デメリットの1つにあげられます。
現在現場に流通して飲まれているジェネリック医薬品でも、研究開発が進んだことで分かった危険性の発覚や、利用している成分の特許切れ等、様々な理由で、販売することが出来なくなるのです。
理由はその時によって異なりますが、いずれにせよ、発覚後は回収、出荷停止が即座に行われますので、今まで使っていたジェネリック医薬品を使えなくなるということも多いでしょう。
場合によっては、すでに処方してしまった薬を回収しないといけないケースもあります。

ジェネリック医薬品はこのように、何かとまだ未熟だからこそ、純度不足で供給そのものが停止してしまうことも少なくありません。
患者さんからブーイングがくることもありますので、有る程度は覚悟した上で活用する必要があるでしょう。

ジェネリック医薬品はあくまでジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品はあくまで、普通の医薬品ではなく、ジェネリック医薬品です。
通常の医薬品とは違い、製造工程にも大きな差が出る傾向があります。

以前回収作業が行われることとなったジェネリック医薬品の場合は、製造工程の中で起きた、技術力の差が原因であると考えられています。
同じ有効成分、同じ量を使っていたとしても、製造工程のちょっとした差で、ジェネリック医薬品は販売停止となってしまうのです。

全く同じ技術で、全く同じ方法で製造を行おうとしても、残念ながら無理があります。
必ずどこかで大きな差が出てしまいますので、ジェネリック医薬品は、その点に十分注意をしないといけないでしょう。

また、利用する成分そのものの研究開発が進んだ結果、その成分の存在そのものが不安定であるということが判明するケースも少なくありません。
当時は全く問題なかったはずの成分を使ったにもかかわらず、ジェネリック医薬品の回収作業に入ることとなったというタイプもあるでしょう。
手軽に医薬品製造を出来、多くの人がより身近に薬を感じられるようになったからこその、デメリットであると言えます。

もちろん、ジェネリック医薬品は、本物と変らないほど、素晴らしい商品もたくさんあります。
中には、副作用の観点で、本物よりも良いと感じている方も多いでしょう。
ですが、このように、回収作業に陥るケースもあると言うことを、頭に入れておくことが大切です。