ジェネリック医薬品の問題点

高分子医薬品の罠

Summary

高分子医薬品で発生する副作用 ジェネリック医薬品にも様々な種類がありますが、例え […]

薬

高分子医薬品で発生する副作用

ジェネリック医薬品にも様々な種類がありますが、例えば、高分子医薬品と呼ばれる、ジェネリック医薬品があります。
こちらは、似たような成分が含まれている物の、正規品に比べると、大きい分子の材料が使われているタイプの薬のことです。
成分自体は全く変りませんが、目には見えない分子レベルの部分に差があることで、体内で大きな副作用が発生することがあるのです。

例えば、高分子を体内で分解しきれなかったことが原因で発生する、肝機能の低下、その他、内蔵機能の低下などが、主な副作用としてあげられるでしょう。
こちらは高分子医薬品が全て層であるという訳ではなく、あくまでたまたま合わなかった、人間には不適合だったという高分子の場合が対象となります。
高分子医薬品でも、先発医薬品と変らないようなジェネリック医薬品もありますので、一概に絶対ダメという訳ではないということを頭に入れておきましょう。

すぐには反応が出にくい点が症状を悪化させる危険を起こす

高分子医薬品とされているジェネリック医薬品では、すぐに副作用が表れるわけではなく、体内で徐々に蓄積していき、徐々に内臓機能を低下させていきます。
その為、忘れた頃に突然体調不良を引き起こし、何故そうなっているのか原因が判明しづらいという点が、恐ろしい所でしょう。

元々持病があるという方の場合は特に、お薬手帳をしっかりと提示することで、ジェネリック医薬品が原因と気がつかれることもあります。
ですが、日頃健康体の方がこうした副作用が表れると、別の病気の可能性を疑われ、発見が遅れてしまうこともあるのです。
ジェネリック医薬品を飲んだ後、3~4ヶ月以上経ってからこうした症状が現れた場合は、もしかするとこれが原因かもと思えるように、覚悟しておくことをおすすめします。

高分子医薬品を使ったジェネリック医薬品には要注意

このように、高分子医薬品を使ったジェネリック医薬品の中には、とんでもない副作用を引き起こす成分が利用されていることもあります。
実際に体に悪影響がないと発覚できない、新しい情報である事も多いため、十分注意をして取り組むことが大切です。

もちろん、何度も言うようですが、全ての高分子ジェネリック医薬品が悪いという訳ではありません。
安心して利用することが出来るタイプも多くありますので、利用する薬によっても違うということを、良く頭に入れておきましょう。

ただし、今まで何の副作用も出なかった物が、ある日突然出るということもあります。
その時飲む人の環境や状態によっても左右されることがありますので、ジェネリック医薬品を提供する際には、その人の状態を良く覚えておくことが大切でしょう。