ジェネリック医薬品の問題点

効率的な就職活動 薬学部学生専用の就職活動サイトの活用

Summary

学校のキャリアセンター 学校のキャリアセンターについでとても魅力的なのは就職活動 […]

学校のキャリアセンター

学校のキャリアセンターについでとても魅力的なのは就職活動サイトの活用です。
学校のキャリアセンターは地元の企業や大手の企業に関しては
たくさんの情報があるのが強みなのですが、Uターン就職を狙っている学生としては、
なかなか使えない情報が多いというのも事実です。

この就職難で大手の企業や公務員に関しても新規の採用を控えているという市況が
ありますので、中小の企業に関しても視野に入れて就職活動を行うということがとても大切です。
規模が小さくても魅力的な病院や企業はたくさんあります。
最近は大手に目を向けている学生が非常に多いという話を聞きます。

これは、インターネットを通じた就職活動をする際に、検索条件などで自分の条件を絞っていたり
すると自分の知っている会社にどうしても目が向いてしまいがちという理由もあるようです。
以前は大学が積極的に中小の会社のいいところもアピールしながら就職の斡旋をしていたので、
規模の小さい企業であっても受けてみようという学生はたくさんいたのですが、
少し就職戦線も様変わりしているようです。

ですから、インターネットを使って自分の興味のある企業を探すということもいいかとは
思うのですが、その支援サイトでキャリアコンサルタントなどの担当と会って話をする機会が
あるのであれば、できれば直接面接をして情報をもらうのがいいかと思います。

インターネット

インターネットに自社の就職に関する情報をのせるのには結構お金がかかるという理由や、
どの支援会社を使ったらいいかわからないという会社経営者は意外に多く、
大手でなければインターネット採用のノウハウもないので、
なかなか採用実績に至らないという事情もあるようです。

ですから、求人について全てを把握している担当者に会い、
規模の大小に関わらず指定のエリアでなるべくたくさんの企業を紹介してもらい、
企業理念や病院のもっている考え方などを比較して自分の納得のいく就職活動をすることが
一番かもしれません。

このコンサルタントと話をしていく中で自分の方向性が決まったりすることもあるようです。
大学のキャリアセンターと同様にたくさんの卒業生を輩出しているということで、
就職試験の傾向や面接での注意点、エントリーシートの書き方の指導など
様々なバックアップをしてもらえるというところも魅力の一つですね。

特に薬学生に特化した就活サイトであれば、国家試験対策と平行して
どんなことを優先的にやっていったらいいかということを絞り込むのにも使えます。
また、就職活動中というのは、
学校の友人の就職先や内定状況などが結構気になってしまうものです。

友人の話の中で自分の思いというものを冷静に見ることができなくなってしまって
あせりの気持ちがでてきてしまうという人も多いのが現状です。
そんなとき、心強いアドバイザーがそばにいてくれたら心強いですよね。
きっと、こういう就活サイトの担当の方は
薬学生の就職のために一役買ってくれることと思いますよ。